留学に必要・便利な持ち物リスト

海外留学時の荷物のイメージ

 留学に必ず持って行かなければいけない必須アイテムから有ると便利な持ち物まで、短期・長期留学に対応した持ち物リストです。

 留学の荷物は旅行の荷物と同じで、「できるだけ少なく」、「できるだけ軽く」が基本となり、そこから留学先での購入が難しかったり、日本で買うより割高になる物を持って行く事になります。

 また、航空会社によって違いますが、預ける事ができる荷物には制限が設けられており、重量制限を超過した分に対して、1キロ毎に超過料金が発生するので注意が必要です。

 以下の「留学の持ち物リスト一覧」は、印刷・コピーが可能ですので、留学前の最終チェックリストとして自由にお使いください。

留学に必須となる持ち物リスト

留学に必須持ち物[貴重品]

  持ち物 備考
・パスポート ・有効期限の残りが長いもの。
・航空券 ・Eチケットはプリントアウトしておく。
・クレジットカード ・保険や身分証の効果有り。絶対必要です。
・国際銀行カード ・身分証効果有り。海外送金が簡単にできる。
・残高証明 ・ワーキングホリデービザの場合は持参。
・学校の書類(入学許可書等) ・学生ビザの場合・コピー不可
・外貨(日本円で10~30万円程度) ・現地の通貨を安く日本で両替しておく
(参照: 留学の外貨両替は安く無駄な手数料を無くす)。
・現金(日本円で1~3万円程度) ・出発時のお金と言うより日本帰国後のお金。
・国際運転免許書 ・仕事で運転するかもしれない時や、身分証明のために。
・トラベラーズチェック ・入国の際の所持金証明として使えるが、使い勝手が悪いので必要無いです。

 ※ 上記の項目一覧は貴重品となるためスーツケースには入れずに手荷物として持参すること。

留学に必須持ち物[電子機器]

  持ち物 備考
・パソコン ・パソコンは多少無理をしても必ず持参するべきでしょう。
・電子辞書 ・特に英語中級者からは英英辞書を搭載した物を用意しておく。
・デジカメ ・思い出は将来の宝物となります。
・Ipod・mp4・スマートフォン ・英語会話教材などを取り込んでおいて、通学時にもスキルアップを狙います。
・目覚まし時計 ・携帯電話で起きられるなら必要無し。
・コンセント変換プラグ ・旅行に出かける事もあるので、海外対応の物が1つあると便利。
・ドライヤー ・基本的なドライヤーは安く調達可能です。

留学に必須持ち物[日用品]

  持ち物 備考
・筆記用具 ・現地調達も可能ですが持参。
三色ボールペンなどは日本でしか売っていない。
・日用品 ・綿棒・コンタクト用品など
・洗面具(歯ブラシ等) ・歯ブラシは日本製が一番です。現地でも購入できるので少しだけ。
・風呂用品(シャンプー、石鹸等) ・現地調達で良いのですが、一週間分ほどあれば便利。
・洗濯用品(洗剤、洗濯ばさみ等) ・一回分だけでOK。
・タオル、ハンカチ、ティッシュ等 ・タオル1~2枚。ティッシュはポケットティッシュを多めに。
・スリッパ、靴、運動靴 ・沢山持って行かない。要らない靴を持ってきて現地調達。
・雨具 ・折りたたみ傘の現地調達は難しい。
・生理用品 ・海外製は質が△、現地での日本製調達は割高。
・爪切り ・結構忘れて行く人がいますが、どうせ使うので持参。
・日焼け止め ・夏季の場合は特に持って行く。
・リップクリーム ・現地でも購入可能ですが、小さな持ち物ですので。
・化粧品 ・本当に必要な分だけ。

留学に持っていく[衣類]

  持ち物 備考
・タンクトップ ・パジャマ代わりにもなるので便利。
・Tシャツ ・どんな時にも使えるので必須。
・長袖シャツ
・上着 ・厚手・薄手のものなどを用意しておくと便利。カナダの平均気温⇒カナダの天候
・ワンピース ・女性の場合パーティーなどでも使えます。
・ウィンドブレーカー ・寝間着に羽織る事もできるし便利。
・ジーンズ
・7分丈パンツ ・バーベキューなど、外でのパーティーに重宝。
・スーツ ・就職活動を行う場合には必須アイテム。
・水着 ・夏季の留学では以外に必要になる機会が多いのが水着です。
・下着 ・現地でも調達できますが、最低限2~3枚は持参。
・ストッキング
・靴下 ・現地調達も可能ですが、3~4足ほど持参し必要に応じて現地購入も。
・帽子 ・特に夏の場合には持っておくと便利。
・サングラス ・紫外線が強い国が多いので必要な場面もありますが、現地調達でも問題無し。

留学に持っていく[薬類]

  持ち物 備考
・下痢止め ・食べ物が違うので注意です。
・胃腸薬
・便秘薬 ・飛行機での長時間の移動など、新しい環境でのストレスが溜まる方。
・鎮痛剤 ・頭痛や生理痛などにも。
・抗生物質 ・人によりますが、私は持参しています。
・目薬 ・埃っぽい場所に行くケースもあるので。
・傷薬 ・簡単な塗り薬を少量程度。
・虫刺され ・現地調達すると凄い強い薬を購入できますが、私は怖いので日本産を。
・バンドエイド ・現地でも購入できますが、日本製の性能の良さを知る事になります。
・綿棒 ・これも現地でも購入できますが、日本製の質の良さに気が付きます。
・コンタクトケア用品 ・場合によっては現地調達もできますが、使い捨てコンタクトだと便利。

留学に持って行くと使える品[必要に応じて]

  持ち物 備考
・お土産(ホストファミリー用等) ・買っても1000円くらいの物。話のネタになる物やお酒など。
(参照: ホームステイの真実教えちゃいましょう)
・ボックスティッシュ ・ティッシュは実は海外では高いので、スペースが有れば大目に持って行きたい。
・除菌ティッシュ ・こんな便利な物が有ったのかと言える品。
・ダニ用のマット ・近年、ベッドバグと呼ばれるダニによる被害が急増。使わなければ売れる可能性大。
(参照: 南京虫 bedbug(ベッドバグ))
・洗濯ネット ・ホームステイの選択で、ご家族と分ける場合、2枚あれば十分。
・写真 ・ホームステイ先や友達との話のネタになったり。学校の発表の時に使えます。
・パスポートのコピー ・証明としては効果「ゼロ」ですが、有ると万が一の時に使える事も。
・小旅行用のカバン ・結構みなさん、留学中に旅行に行かれます。
・証明書用の写真 ・就職活動には必要ありませんが、学生所などを作る際に使用する事もあります。
・チェーンロック ・特に留学中バックパッカーとして旅行を出る場合には、荷物の安全の為に必須。
・裁縫道具 ・小さなはさみなど、これが意外に役に立つ時が有ります。
・やる気 ・一番大切なものです。忘れないで下さい。

長期留学(1年)の持ち物

  持ち物 備考
・電池 ・重いので数個、海外では高い事が多い為。
・ポケットカイロ ・海外では中々手に入らない品。
・衣類圧縮パック ・これは留学時の旅行にも非常に重宝する持ち物。
・扇子 ・夏のイベントなどでも持って行け、和風なものだと話題にもなる。
・ファイル ・クリアファイルなど授業のプリント収納用に幾つか。

短期留学(1~3ヶ月)の持ち物

  持ち物 備考
・ボックスティッシュ ・短期だと荷物が少ないので、海外では高いティッシュは大目に。

留学に必要な物と必要で無い物を選ぶコツ

海外留学に何をスーツケースへ入れるべきなのかのイメージ

 留学時の荷物について冒頭でも紹介しましたが、「できるだけ少なくまとめる」と言う事が最も重要なポイントとなります。

 そこで、考えて頂きたいのが、持って行こうと考えている候補の「重要性」「大きさ」「重さ」です。

 好き嫌いに個人差が有るように、留学生によって「持って行きたい物」と言うのは変わってくるので、持って行こうと考えている物が「どれほど重要なのか?」を考えてください。

 それが「考えるまでも無く持って行く必要がある物」だと判断された場合には、「大きさ」「重さ」には拘らずに是非留学先へと持って行きましょう。

 「あればとても便利で毎日使うけど必要かな?」程度の必要性ならば、その物の「大きさ」や「重さ」を判断材料に加え、持って行く価値が有るかを考えてください。

 もちろんの事ですが、「持って行っても、行かなくても、どっちでも良い」と言う場合には、直ぐに持って行く物リストからは外しす事で、効率良く荷造りができるようになります。

To page top ページの先頭へ